ツベイバ劇場別館~競馬予想ブログ

しがないサラリーマンが一攫千金を目指して、完全無料で南関東重賞・交流重賞の穴予想をやってます!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭和弥騎手の騎乗予定と一口馬の事も、徒然と。




私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し



ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします。








こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



ようやく改装工事が終了予定。
バタバタして見苦しい点が多々あったかと思いますが、本当にすみませんでした。
一層、予想に集中します!!
なお、競馬ブログランキングでは、オールカマーの予想も実施済です。



【レース展望】
今日は神戸新聞杯を予想する。
過去5年で1番人気が4勝と、基本的に堅いレース。日本ダービー等と同じ芝2400であり、直線が長くて2度も坂を超える為、実力が発揮されやすいのだろう。
また、追い比べになりやすく、過去5年で4コーナー5番手以内だった馬は4頭。そのうち3頭は3コーナーから動いていった為、基本的に逃げ先行勢に厳しく差し馬に有利なレース。早い上がりを使えるのが望ましい上、持続力も欲しい。


レース展開は、先週も逃げた横山典のマイスタイルがハナを叩き、アダムバローズあたりが続くだろう。ただ、上記のとおり逃げ先行馬は苦しい為、スロー濃厚でも差し馬を中心に買うべき。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番メイショウテンシャ
良血馬だが、ようやく500万下を勝った状況。前走の1000万下は同世代や古馬に完敗、ここも厳しい。


2番サトノアーサー
前走を除くとパーフェクト連対、、、、と書くと、先週のサトノクロニクルと被る。早い上がりは使えるが、持続力があるかどうかは微妙。4ヶ月休んで、どれだけ成長できているかがカギ。
また、スロー濃厚な中で、前走のように馬群を突かず(突けず?)に大外を回すと相当厳しい。内枠が仇になりそうで、騎乗にも工夫が要りそう。買いづらい。


3番ダンビュライト
先行できるのが仇になりそうなのと、5走前のG1で揉まれて全くダメだったのが引っ掛かる。日本ダービーでも好走したように距離は問題なさそうだが、、、、


4番ベストアプローチ
出遅れ癖と3~4コーナーでポジションが悪くなりがちなのがネック。そのため未だ1勝止まりだが、直線はいつも力強く伸びてきて、ソコソコの成績を収めている。良くも悪くも相手なりに善戦しているので、今回も激走の可能性が有る。また、芝2400の持ちタイムはメンバー中ナンバーワン。


5番キセキ
春のクラシックシーズンはあと一押しが効かなかったが、休養を挟んで馬が一変。500万下・1000万下を強い内容で連勝。ここも有力だ。


6番アダムバローズ
逃げ先行出来た時に好成績を収めているが、冒頭の通り今回は逃げ先行馬が受難のレース。厳しそう。


7番タガノシャルドネ
ようやく500万下を勝った状況。ここも厳しい。


8番レイデオロ
言わずと知れた今年の日本ダービー馬。昨年の3連勝のように、荒れ馬場でグイグイ伸びて来るパワー型差し馬。また、日本ダービー馬の本レースの成績も、過去10年でパーフェクト連対。
嫌う要素はあまり無いが、強いて言うならば前走の日本ダービーは、ルメールの好騎乗によるものが大きかったようにも思える。


9番マイスタイル
前走、逃げて好走したが、冒頭の通り今回は逃げ先行馬が受難のレース。穴人気しているし、ここは見送り。


10番ホウオウドリーム
この馬も良血馬だが、500万下すら勝ててないのが現状。ここも厳しい。


11番カデナ
スローの瞬発力勝負で好成績をあげた一方、底力が問われた前2走ではサッパリ。今回は後者のレースになりそうで、厳しい。


12番エテレインミノル
前走、1000万下で2着。長く良い脚を使った印象。しかも3着だったレーヌブリエは本日、夕月特別を勝利している。もともと、夏に1000万下で善戦した馬は、先週のトライアル戦のとおり馬券に絡むことが多い。にもかかわらず、人気は単勝100倍以上。ゴクリ。。。。


13番タガノヤグラ
ようやく未勝利戦を勝った状況。ここも厳しい。


14番アドマイヤウイナー
前走、1000万下で出遅れながらも3着。エテレインミノルと同じく夏に1000万下で善戦したにもかかわらず、人気が無い。2走前に重賞で3着に来ているし、その際にベストアプローチと僅差だった。これも買い。


【最終結論】

◎はベストアプローチ。外枠でなかったのは残念だが、岩田が内に拘り過ぎなければ突き抜けて来れそう。


▲はアドマイヤウイナー。ワンポイント評価の記載の通り、ベストアプローチと接戦していた馬が、このオッズで買えるのはオイシイ。


〇はキセキ。近走の内容を見る限り、レイデオロよりこちらのほうが信頼できる。


以下、日本ダービー馬に敬意を表してレイデオロ、脚質は厳しいが距離は合いそうなダンビュライト、1000万下で善戦したのに人気皆無で美味しいエテレインミノルを抑える。


◎ベストアプローチ
▲アドマイヤウイナー
〇キセキ
△レイデオロ
△ダンビュライト
△エテレインミノル





こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




毎週金曜日恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。


【先週の結果】
9月16日(土)中山競馬場
3R
ククリナイフ:-
13着/15番人気(2.1差)


9月17日(日)中山競馬場
12R
ポートレイト:△
15着/15番人気(2.9差)


9月18日(月)中山競馬場
4R(障)
スズカプリティー:△
4着/8番人気(2.3差)


【短評】
ククリナイフ:後方から少し差を詰めただけ。まだまだかかりそう。

ポートレイト:門別以来のダートだったが、全く見所無し。やはり芝の方が良い。今後の好走の可能性は、ローカルでスムーズに先行できるかどうか。

スズカプリティー:道中2番手を進むも、2周目3コーナーで後続が来て下がってしまう。最後は盛り返して4着まで来たが、キレる脚が無いのでここまで。3着とは大差がついた。勝利には大逃げするのが良いと思うが、、、、


平地の成績:(、17)
障害の成績:(、15)




【今週の予定】
9月23日(土)中山競馬場
なし

9月24日(日)中山競馬場
なし


まぁ2場開催なので、、、、
また来週!!






こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】

今日はオーバルスプリントを予想する。
浦和競馬場の1400戦は2ターンのコースで、スピードだけでは通用せず、小回りコースに対応可能な器用さが要求される。
更に、浦和競馬場はコースに川が横切っている形態となっているため、小回りに加えて川の橋を渡る際の振動を気にして集中力が途切れて凡走する馬が多々有るだけに、コース経験の有無は非常に重要となる。
過去5年、馬券内に来た15頭のうち、地方勢が5頭いるのは、こうした背景があるのだろう。


今回は浦和競馬場で馬券内に来た馬が4頭のみ。そのうち、デュアルスウォードとサトノタイガーは近走頭打ちな感があるので厳しそう。波乱の要素が十分に有る。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番カリスマサンスカイ
南関相手に通用していない昨今、交流重賞では更に厳しい。


2番ヴァーゲンザイル
ただ出走しているだけ。ここも厳しい。


3番レーザーバレット
昨年の覇者だが、9歳になって流石に衰えが見られる。得意の2ターンの競馬でも上位に来ることができていない。
ただ、今回は相手が楽になることと、2勝している浦和競馬場で競馬ができるのがメリット。
特に後者は、今回のメンバー中、好走歴の有る馬が少ないため、大きなアドバンテージだ。


4番ミッキーヘネシー
地方勢同士なら好勝負可能だが、交流重賞では結果が出ていない。ここも厳しい。


5番ブルドッグボス
前走でクラスターCを勝利し、力を見せつけた。2ターンの競馬も、昨年かきつばた記念で2着しているため問題ないだろう。今回が本番のJBCへの叩き台であるため、どこまで仕上げてきているかどうか。それと、初の浦和競馬場でのレースに戸惑わなければ。


6番リエノテソーロ
初の古馬との一戦になる。50キロは魅力だし、2ターンの競馬も、昨年の全日本2歳優駿で勝利しているため問題ないだろう。あまりに条件が良いので逆に疑いたくなるくらい。また、古馬との力関係と、初の浦和競馬場もカギ。


7番サイタスリーレッド
南関東競馬を知り尽くした鞍上に変わるのは魅力だが、2ターンの競馬と浦和競馬場は初めて。前走で底が割れた感じも有るし、買いづらい。


8番リアライズリンクス
昨年は6着だったが、今年は昨年よりメンバー弱化しているし、この馬自身、今年になって重賞を2つ勝った勢いがある。浦和競馬場に好走歴が多数有るのも強みだし、モンドクラッセがハナを切ったら被されることもないし、ペースが極端に上がる事も無いだろう。主戦の的場に戻り、昨年以上に好走できそう。


9番デュアルスウォード
ただ出走しているだけ。ここも厳しい。


10番モンドクラッセ
この馬がハナに行きそう。重賞は未勝利だが、僅差の競馬は何度も有る。他にハナを主張しそうなメンバーがいないため、自分のペースで行ってどこまで粘れるか。


11番サトノタイガー
この馬も9歳になって流石に衰えが見られる。浦和競馬場に好走歴は有るが、能力低下で厳しそう。


12番ワイドエクセレント
前走は輸送を克服できず、大幅馬体減。JRAオープンで3着の実績は有るが、まず馬体重を戻して輸送をクリアしなければ。



【最終結論】
◎はモンドクラッセ。暴走せずにマイペースでいけば、そのまま粘り込めそう。


▲はリアライズリンクス。この馬はJBCよりもここが狙いと見た。枠や展開を考えると、被されることなく前々で粘り込む事が出来そう。


〇はブルドッグボス。JBCを見据えたデキだろうけど、このメンバーでは力上位。


以下、浦和巧者を見せたいレーザーバレット、今回は抑えて活路を見出しそうなサイタスリーレッド、50キロは魅力なリエノテソーロ抑える。


◎モンドクラッセ
▲リアライズリンクス
〇ブルドッグボス
△レーザーバレット
△サイタスリーレッド
△リエノテソーロ






こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



現在改装工事中。
そろそろ終わりそうだが、もうしばらくかかる予定。
見苦しい点があると思うが、しばらくご容赦ください。


【レース展望】
今日はセントライト記念を予想する。
中山芝の外回りを使う中距離レースは、この2200メートル戦のみ。瞬発力より持久力が求められる。
土曜からの雨も加わり、例年以上にスタミナ勝負となりそうだ。道悪適性や、道悪得意な血統に注目したい。昨日の芝レースはかなり上がりがかかっていた。

レース展開も、逃げるであろうサンデームーティエに、ダービーで前に行けなかったクリンチャーが加わり激しくなりそう。更には、前走で捲ったインペリアルフィズ・ローリングタワーもいるし、ロングスパート合戦になりそうだ。一方で、この馬場なので直線一気は厳しそう。4コーナーである程度の位置に居そうな馬を選びたい。



と、昨晩まで書いていたのだが、今朝は晴れて朝から強風が。
今は重馬場だが、このレースの時には馬場がかなり乾いてそう。
馬場読みも含めて、非常に難解なレースだ。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番サンシロウ
母父ラムタラは道悪競馬で魅力だが、前走の勝利はハマった感も。今回は厳しいのでは。


2番サトノクロニクル
前走を除くとパーフェクト連対。負けた3戦も僅差で有り、3歳世代の中では実力上位だ。道悪競馬の巧いMデムーロへの乗り代わりもプラス。


3番ブラックロード
船橋所属だが、芝の経験は豊富。前走も古馬相手に逃げて掲示板に踏ん張ったし、血統面からもスタミナが有りそう。復活した御神本を背に、激走もあり得るか。


4番クリンチャー
前走の反省をふまえて先行したいだろうが、行き脚が付かないのがネック。更に内枠がキツイ。馬自体は道悪大歓迎だろうが、序盤でバタバタしてリズムを崩してしまいそう。


5番ミッキースワロー
今回と同舞台の未勝利戦で鮮やかな差し切り勝ち。前走はスローペースで脚を余した感じ。鞍上も強化されて、何もかもが好転する。が、それが過剰人気を産んでいるような。。。。


6番サーレンブラント
2走前はダービーより早い時計で勝利しているとおり、力は間違いなく有る。ただ、これまで馬券内に来た3レースは、いずれも東京・新潟(外回り)でジックリ構えて末脚を活かしたもの。中山では4走前に今回と同舞台での5着を含めて好走できておらず、ここも届かない恐れがある。岩田がロングスパートをかけてくれるかどうか。


7番アルアイン
皐月賞馬であり、唯一の中央重賞ウィナー。実績は他馬より一枚も二枚も上。ただ、この馬は皐月賞のように、超高速の馬場で持続力を活かしたいタイプ。重馬場実績は有るが、道悪2200メートルでのスタミナ勝負が合うようには思えない。


8番ブラックギムレット
まだ1勝馬。未勝利勝ちまで7戦を要し、前走も出遅れて完敗。厳しいだろう。


9番プラチナヴォイス
2歳時にオープン勝ちして、重賞戦線で戦ってきた。前走のG1を除くと僅差の勝負を続けているし、4走前に重馬場でまずまずの競馬をしている。気性の成長がカギだが、夏の放牧とブリンカー効果が出れば。


10番サンデームーティエ
逃げて連勝し、今回も逃げるだろう。ただ、連勝した2戦はいずれもかなりのスローで単騎逃げが叶ったもの。今回はロングスパート合戦が予想される為、楽な逃げにはならないだろう。


11番インペリアルフィズ
まだ1勝馬。未勝利勝ちまで7戦を要した。血統と鞍上は魅力だが、厳しいだろう。


12番ローリングタワー
前走、500万下の一戦とはいえ、重馬場の札幌芝を豪快に捲り切った。かなり時計のかかる馬場だったが、そんな中でも長く良い脚を使うことができた。今回それを再現できれば上位争い必至。


13番ストロングレヴィル
前走はティータンのヘタクソな騎乗で敗戦。サンデームーティエ・サーレンブラントとは僅差の勝負をしており、彼らが穴人気するならば、この馬はオイシイ存在になる。


14番クレッシェンドラヴ
ステイゴールド×サドラーズウェルズと、スタミナの塊のような血統。あまりにスタミナに偏っていて、成績通り勝ち切れない。雨の影響ができるだけ残って欲しい一頭。


15番スティッフェリオ
この馬も、ステイゴールド×ムトトと、スタミナ血統。3走前から脚を溜める競馬を始めて、安定した成績を残している。長く良い脚を使うタイプで、2走前はロングスパートをかけて勝利しているし、重馬場でも好走歴がある。3走前は上がりの早いレースにも対応済だ。夏の上がり馬として、春の実績馬に対抗できそう。


【最終結論】

◎はスティッフェリオ。前走の1000万下ではインでスムーズさを欠いたが、それでも3着までやってきた。今回は外からロングスパートをかけて突き抜けてくれそうだ。
昨日のローズSで、上がり馬が上位を多数占めたとおり、春の実績馬は印を差し引いて考えた。


▲はストロングレヴィル。ワンポイント評価の記載の通り、今回穴人気している馬と接戦しているこの馬が、このオッズで買えるのはオイシイ。


〇はサトノクロニクル。今回は、同厩舎のアルアインよりこちらのほうが信頼できる。Mデムーロ騎乗で巧く捌いて来れそう。


以下、ロングスパートをかければ十分届くサーレンブランド、気性面から鉄砲駆けしそうなプラチナヴォイス、過剰人気気味だが実力は有るミッキースワロー、スタミナは恐らくこのメンバーでナンバー1のローリングタワーを抑える。


◎スティッフェリオ
▲ストロングレヴィル
〇サトノクロニクル
△サーレンブランド
△プラチナヴォイス
△ミッキースワロー
△ローリングタワー





こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!


 

まず、今週の予想のお知らせ。
明日の昼までに、競馬ブログランキングで、ローズSの予想を実施予定です。
セントライト記念は、月曜朝にブログ上で掲載予定です。


今日は私の一口馬情報と、キャロットクラブ募集馬の申込結果を掲載する。


【レーツェル】
現在NF天栄で放牧中。
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っているそうだ。今週からは登坂時のペースを15-15から14-14手前くらいまで進めており、順調そう。馬体重は502キロ(+28)。
患部の状態も良好、年内の帰厩や出走もあり得るか。


【サンフレイム】
9/2の高知4R(ゆず特別)に出走して2着(3番人気:1.1差)。
前が止まらなかったが、この馬自身は持ち時計の通り走っている。今後もチャンスは有るはず!




先日、2017年のキャロットクラブ募集馬に申し込んだ。
その結果、、、、見事当選!!
その馬とは、「ホールロッタラヴの16」だ。
他の出資の皆さま、どうかよろしくお願いいたします。


この馬はセレクトセール出身で、648万だった馬。
募集価格は1200万で、レーツェルと同額だ。
リーズナブルだが、競馬は価格ではない。大きく化ける事だってあり得る。
新種牡馬であるトーセンジョーダンの、初年度代表産駒になってほしい!


ちなみに、先日紹介した選定方法にこの馬がどれくらい当てはまっているかを見てみよう。

1 価格が50000円以下の馬を選ぶ
30000円だったので、〇


2 母が消耗していない馬(できれば未出走)を選ぶ
母のホールロッタラヴは、5戦未勝利。
数を使っていないので、ギリギリ〇


3 NF出身の馬を選ぶ
NF出身。問題なし〇


4 早生まれの馬を選ぶ
生年月日が3月21日。問題なし〇


5 馬体重が430キロ以上の馬を選ぶ
8月現在、425キロだった。ギリギリ〇


6 近親が活躍している馬を選ぶ
近親に、フサイチパンドラ(エリザベス女王杯・札幌記念で優勝、優駿牝馬・エリザベス女王杯・、エンプレス杯・フラワーCで2着、阪神ジュベナイルF・秋華賞・ローズSで3着)やサムソンハッピー(4勝)などがいるので、〇


7 母が若い馬を選ぶ
母のホールロッタラヴは、7歳。問題なし〇


8 新種牡馬ではない馬を選ぶ
トーセンジョーダンは新種牡馬なので×。
ただ、彼は多くの可能性を秘めていたので、出資を決断した。

まず、彼は2歳からオープン戦線で戦い、7歳になってもJCで馬券内に来たように、産駒が若いうちから高齢まで活躍する可能性が有る。芝の中長距離は勿論、ダートでも可能性が有るかも。
そして、2011年の天皇賞・秋での1.56.1というウルトラレコードを出した爆発的スピードも魅力。それが産駒に引き継がれていれば。
また、父系が、トニービン~ジャングルポケットと、非サンデーサイレンス系の馬なので、サンデー肌の牝馬であるホールロッタラヴとは相性良い。


2015年の種付料は、70万円(受胎条件)・100万円(出生条件)とこれまたリーズナブルだったようだが、その分、初年度の種付け頭数は102頭も集まった。この中の一頭である、ホールロッタラヴの16が活躍してほしい!!!





↑このページのトップヘ